【速報・解説】ソン・フンミン、アジア大会に出場へ…その決断にある切迫した状況とは?

Pocket
LINEで送る

フランスの優勝で幕を閉じたロシアW杯の余韻が冷めぬ中、韓国のサッカーファンたちの関心は8月18日からインドシネアのジャカルタで行われるアジア大会に注がれている。

今やピッチの内外で話題のエースに

本日7月16日にはアジア大会に挑む20人の選手が発表となった。KFA(韓国サッカー協会)に記者登録されているとメディアサービスとしてプレスリリースを受け取ることができるのだが、つい先ほど公式リリースを手にした次第だ。

●アジア大会韓国代表メンバー(7月16日発表)
GK
:チョ・ヒョヌ(大邱FC)、ソン・ボムグン(全北)

DF
:キム・ジンヤ(仁川)、チョン・テウク(済州)、キム・ミンジェ(全北)、ファン・ヒョンス(ソウル)、チョ・ユミン(水原FC)、キム・ムンファン(釜山)、イ・シヨン(城南)

MF
:イ・ゴヌン(蔚山)、イ・スンモ(光州)、チャン・ユンホ(全北)、ファン・インボム(牙山)、キム・ジョンミン(FCリーフェリング/オーストリア)、イ・ジンヒョン(浦項)

FW
:ソン・フンミン(トッテナム/イングランド)、ナ・サンホ(光州)、ファン・ウィジョ(ガンバ大阪/日本)、ファン・ヒチャン(ザルツブルグ/オーストリア)、イ・スンウ(ヴェローナ/イタリア)

アジア大会の男子サッカー競技は23歳以下の選手で行われるが、オーバーエイジとして3人を加えることができる。

そのオーバーエイジとして先のロシアW杯でも活躍した奇抜ヘアGKチョ・ヒョヌ、ガンバ大阪のファン・ウィジョなど選ばれたが、最大の注目は韓国代表のエース、ソン・フンミンが選ばれたことだろう。

(参考記事:【画像あり】白肌&奇抜ヘアーのGKチョ・ヒョヌは、崖っぷちの韓国に残った“唯一の希望”だ

イングランド・プレミアリーグのトッテナムに所属し、前回ブラジル大会に続き、ロシア大会でも2大会連続ゴールを決めて、名実ともに韓国代表のエースに君臨するソン・フンミンは最近、その人気から「ソン・フンミンの過去の熱愛説を探る」(『トップスターニュース』7月13日付)などの特集記事も組まれるなど、ピッチ外でも話題を集めるが、再び本業のサッカーで大きな関心を集めることになった。

(参考記事:【画像】ソン・フンミンの「恋人」は? 韓国代表の「美女パートナー」たちがかわいすぎる!!

アジア大会・金メダルで得られる「兵役免除」とは?

それにしてもなぜ、ソン・フンミンはアジア大会に出場するのか。