韓国否定派が65%!! なぜドイツは世界一の“嫌韓国家”なのか

Pocket
LINEで送る

そんな否定的な印象があるからか、去る1月末にもドイツでは韓国人に対する差別が起きている。

舞台はドイツのミュンヘン。同地スターバックスの店員が、韓国人女性が注文したドリンクのプラスチック製カップに、目の細い人を描いて提供したという。「目の細い人」というのは、東洋人や韓国人を蔑視するニュアンスがあるそうだ。

また2011年7月、ドイツのマグデブルクに住む韓国人女性が2人の子どもを連れて遊園地に向かう途中、ドイツ人女性からタバコを投げつけられるという事件もあった。韓国人女性が抗議すると、そのドイツ人女性は彼女を殴打。さらに大声で「目が小さい!」と叫びながら、韓国人女性の首を絞めたという。当然だが、そのドイツ人女性は逮捕されている。

ドイツが韓国を嫌う理由

それにしても、なぜドイツは、それほどまでに韓国を嫌うのだろうか。