兵役逃れが発覚した韓国スター10人。精神科通院、抜歯、国籍放棄などその手口とは?

Pocket
LINEで送る

潔く国民としての義務を果たす韓流スターがいる一方で、なんとしてでも兵役を逃れようとし、その罪業が白日の下に晒された芸能人たちがいる。

例えばヒップホップグループ・オールドタイムに所属した歌手のキム・ウジュだ。彼は精神病を理由に兵役義務から逃れようとして摘発された。

検察によると、キム・ウジュは2012年3月から2014年7月までに42回にかけて国立ソウル病院の精神科で診療を受け、「8年前から幽霊が見える」などと話していたという。

担当医は1年以上、精神治療が必要という診断書を発給。キム・ウジュはそれを兵務庁に提出し、兵役を逃れようとしたそうだ。

ソン・スンホン、後悔の手紙

キム・ウジュに限らず、あの手この手を使って兵役から逃れようとして、名を落としたスターたちは少なくない。そして、彼らは芸能人の兵役問題が起こるたびに、マスコミに取り上げられる“宿命”を今も背負い続けている。