AKB48後藤萌咲、韓国ネット民から暴言を浴びて生配信中に号泣。セクハラ発言も…

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】『プロデュース48』に出演しているAKB48のメンバー後藤萌咲が、悪質なコメントを受け涙を流した。

(参考記事:『プロデュース48』とは?「絶対ウケる」「K-POPは死んだ」秋元康プロデュースの韓流アイドルに韓国ネット上で賛否両論

後藤萌咲は7月21日、日本のライブ動画配信サービス『SHOWROOM』を通じてファンとコミュニケーションをとった。

(写真提供=Mnet)後藤萌咲
この配信中に、一部の韓国のネット民が、日本語に翻訳した無差別的な悪質な書き込みとセクハラ発言を行った。

これを見た後藤萌咲は、涙を流した。

最初は手で涙をふいたが、すぐにタオルで顔を覆って慟哭し始めた。