押井守監督の『人狼』実写版は韓国映画界の“サマーウォーズ”で生き残るか?

Pocket
LINEで送る

この夏、韓国映画界では“サマーウォーズ”が始まろうとしている。

今年初めに公開され韓国映画歴代ランキングで2位(観客動員数1441万人)を記録した『神と一緒に』の続編をはじめ、5月のカンヌ国際映画祭に参加した『工作』、夏らしいサスペンス映画である『目撃者』など、話題作が続々と公開を控えているのだ。

韓国で続く日本原作の実写化

そんな中でも特に注目したいのは、7月25日公開となった『人狼』だろう。実はこの映画、1999年に日本で公開された長編アニメ映画『人狼 JIN-ROH』の実写版なのだ。

近年、日本の小説や漫画が多く韓国で映画化されているが、『人狼』もその流れにある作品として期待大らしい。

(参考記事:韓国で映画化された日本の原作小説・ドラマの“本当の評判”と成績表

しかも『人狼 JIN-ROH』の原作・脚本を担当した押井守監督は、韓国でも高い人気を誇っている。2017年11月には『21世紀ジャパニメーション企画展~押井守監督展』と題して、押井監督の代表作8作品を振り返る企画展も行われた。

“日本アニメ界の生きた伝説”と知られる押井監督の作品は韓国でもマニアが多く、韓国アニメ界にも少なからず影響を及ぼしたといわれているほどなのだ。

(参考記事:押井守にジブリ…あのサムスン総帥まで楽しんでいた! 韓国の日本アニメ人気

日本アニメ界の伝説と韓国映画界の巨匠

そんなアニメ界の巨匠の作品を実写化させたのは、キム・ジウン監督だ。