「ソン・フンミンなし」で中東勢と当たるアジア大会序盤戦。韓国の頼みの綱は…

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】一か月後には決勝戦を待っているだろうか。韓国サッカー史上初となるアジア大会2連覇に挑戦するU-23韓国代表が、7月31日から最終合宿に突入する。

ジャカルタ・アジア大会で韓国が属したグループは、5チームが争う。4チームが争う他のグループよりも激しい競争が行われる。

しかも、8月12日の初戦、同15日の第2戦の相手がそれぞれバーレーンとアラブ首長国連邦(UAE)に決定。序盤から難しい相手と当たることになった。この2戦が韓国代表のムードを左右する。

バーレーンは、カタール、クウェート、オマーンなど並んで、中東の伏兵として知られている。UAEは8年前の広州アジア大会で韓国を準決勝で破って銀メダルを獲得。4年前の仁川(インチョン)アジア大会で8強まで勝ち上がった西アジアの強豪だ。

もちろん、韓国の戦力はバーレーン、UAEに勝っているが、韓国はインドネシアの暑さに適応する間もなく激しい戦いに臨むことになった。

(人気記事:【画像】ソン・フンミンの「恋人」は? 韓国代表の「美女パートナー」たちがかわいすぎる!!

「ソン・フンミンなし」でどう戦うか

韓国は、初戦と第2戦の対策に力を入れるとみられる。