兵役チャン・グンソク「出待ち禁止」と「違反者は出入り禁止」の背景と妥当性とは?

Pocket
LINEで送る

韓国の成人男子の義務である“兵役”を務めるために、芸能活動を一時中止している人気俳優チャン・グンソク。そのチャン・グンソクの所属事務所が8月1日、公式ホームページに「警告」とも受け取れる異例の要請をファンに向けて行った。

「チャン・グンソクの配属先に訪れたり、出退勤の姿を見たいという理由で道端に立ったり建物の近くで待ち伏せしないようにお願いしたい」と、したのだ。

今はスターではなく「兵役中」の身

要するに“出待ち”はしないでほしいということで、この要請に一部のファンからは当惑の声も上がったというが、所属事務所の要請は当然だろう。

というのも、まずチャン・グンソクは今、スターでも芸能人でもなく「兵役」を務めている。

かねてから兵役の入隊時期に関して注目され、一時は兵役免除の資格獲得に動いているという憶測も流れたこともあったが、“躁うつ病”を患っていたことを告白したうえで、兵務庁の兵役判定検査で4級判定を受けた社会服務要員として兵役を務めている。

(参考記事:「えっ、そんな理由で?」兵役を免除された20人の韓国芸能人を一挙紹介!!

チャン・グンソクだけではなく、人気俳優イ・ミンホらも務めている社会服務要員とは国家機関、地方自治団体、公共団体、社会福祉施設で社会サービス業務や行政業務などに従事することが兵役と見なされる制度だ。

チャン・グンソクは7月16日から4泊5日の社会服務基本素養教育を受けたあと、7月27日に所属事務所の発表によって配属先も明らかになった。

ソウル消防災害本部に勤務しているグンちゃん

チャン・グンソクが配属されたのは、ソウル消防災害本部。