名探偵コナン、韓国でも人気だが大胆な解釈が…「灰原がホン・ジャンミ、工藤が…」なんて!

Pocket
LINEで送る

韓国の夏が再び“コナン”で盛り上がる。去る8月8日から『名探偵コナン』の劇場版アニメ22作目『名探偵コナン ゼロの執行人』が韓国で公開されたのだ。

日本で興行収入86.7億円を突破し(7月29日現在)、劇場版シリーズ最高記録を更新する大ヒットとなっているだけに、韓国でもかなり期待が高い。

コスプレ女王も『コナン』好き。ジブリと双璧

そもそも『名探偵コナン』は、韓国でも根強い人気を誇っている。

原作コミックスの場合、最新刊の発売からしばらくすると韓国語版が発売されているし、アニメ専門チャンネル『Tooniverse』ではテレビシリーズの吹き替え版が長年放送されている。

以前、インタビューした“コスプレ女王にして“美しすぎる声優”ソ・ユリも、「『名探偵コナン』なども楽しく観るうちに声優さんにも興味を持ちはじめ、憧れるようになりました」と語っていたほどである。

(参考記事:日本初登場!「美しすぎる声優」にして“コスプレ女神”ソ・ユリとは?

特に最近は劇場版の人気は高く、日本で毎年4月に公開される劇場版が約4~5カ月遅れの夏に韓国で公開されるのが毎年恒例となった。

登場人物の名前が日本と違う!?

2008年に6作目の『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』が劇場版シリーズの中で韓国初公開されたことを皮切りに、毎年のように新作が上映されているのだ。