小栗旬と石原さとみ主演ドラマが韓国でリメイク放映。その企画意図にあるものとは?

Pocket
LINEで送る

日本ドラマファンたちが集まるネットコミュニティでは「おすすめ日本ドラマ一覧」などに必ずそのタイトル名が挙がるほどで、スピーディーな展開や登場人物の関係性などが韓国ドラマとよく似ていながらも、主人公が“財閥2、3世”ではなく、“自力で成功した敏腕起業家”という設定が韓国人の目からすると「斬新に映った」(韓国の日本ドラマファン)という。

韓国では最近も“水かけ姫”など財閥ジュニアの問題が噴出しているが、小栗旬演じたNEXT INNOVATION代表の日向徹は、韓国人の目には新鮮に映ったのかもしれない。

“水かけ姫”の謝罪文の中身とは?

ただ、だからこそ韓国の日本ドラマ・ファンたちは『リッチマン』のリメイク発表直後から、ちょっぴり複雑な感情を拭えなかったはずだ。リメイクは嬉しいが、期待外れに終わってしまうことへの不安があったのだろう。

日本ドラマが韓国でリメイクされたケースは多いが…

実際、韓国ではこれまでも多くの日本のドラマや映画がリメイクされてきたが、数字面(テレビなら視聴率、映画なら観客動員数)では不振に終わった作品は多い。

前ページに戻る】 【次ページへ進む