JYJのユチョンに続いて俳優イ・ミンホも就くことになった社会服務要員という名の“兵役”

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTSKOREA)
(写真提供=SPORTSKOREA)

韓国メディアが昨日5月19日に伝えたところによると、人気俳優のイ・ミンホが「公益勤務要員(現・社会服務要員)」の判定を受けたそうだ。所属事務所が発表した。

イ・ミンホは、日本のドラマ『花より男子』のリメイク韓国版で一躍、トップスターの仲間入りを果たし、その後も主演したドラマや映画が立て続けにヒット。今や“アジアのスター”と呼ばれる俳優だが、イ・ミンホが判定を受けたという「社会服務要員」も“兵役”のひとつだ。

韓国では成人男子に約2年間の兵役が課せられており、徴兵検査によって、1級~7級に分けられる。検査は、心理検査や身体検査を受けて、その人が兵役につける健康状態にあるかどうかの判定が下される。本格的な専門医による検査もあるそうだ。

その検査で1~3級は精神的・肉体的に「問題なし」ということで現役兵に。東方神起のユンホやJYJのジェジュンは1級~3級の判定を受けて現役兵として兵役についたわけだが、4級判定を受けると「補充役」となる。

この判定を受けるのは、軍隊生活を送ることが困難な障害や怪我を持つ人、もしくは家庭事情で家族を養う必要のある者などだ。ちなみに5級は「第2国民役」、6級は兵役免除、7級は再検査判定といった具合だ。

イ・ミンホが被害に遭った交通事故とは

報道によると、イ・ミンホは10年前に同僚でこれまた人気俳優のチョン・イルと出掛けた旅行中に交通事故に遭い、その後遺症によって4級判定を受けたという。