山崎賢人主演『グッド・ドクター』、韓国の評論家も称賛。その違いと共通点とは?

Pocket
LINEで送る

山崎賢人が主演を務めるドラマ『グッド・ドクター』(フジテレビ系)が、好調だ。

8月2日に放送された第4話は、平均視聴率10.6%を記録。初回11.5%、第2話10.6%、第3話11.6%と4話連続2ケタを維持したのは、フジテレビの同枠において約4年ぶりの快挙だと報じられている。

数多いリメイク作品の中でも異例

視聴率もさることながら、視聴者の感想も印象的だ。

山崎賢人や上野樹里の演技力に対する絶賛はもちろんのこと、ストーリーについても「毎回泣けるし感動する」「多くの人に見てほしい」といった反響が寄せられているという。

(写真=『グッド・ドクター』公式HP)
このドラマが韓国ドラマ『グッド・ドクター』(KBS)のリメイク作で、韓国からも関心が寄せられていることは以前紹介した通りだが、韓国メディアも日本版『グッド・ドクター』のことが気になるようで、各話の視聴率および公式SNSで紹介される撮影現場の様子なども詳しく伝えている。

これまでも多くの韓国ドラマが日本でリメイクされてきたが、こうした報道が増えることは珍しい。

(参考記事:【最新版】韓国でリメイクされた日本のドラマを一挙紹介。えっ、あのドラマまで!?

日本版『グッド・ドクター』の放送前から「キャストは日本版のほうが良い」など、好意的な反応を示した韓国のドラマファンも、今のところ高く評価しているようだ。

「湊の純粋さがいい」「上野樹里の演技もいい」

例えばSNSなどでは、「山崎賢人演じる湊は純粋な少年らしさが魅力的で、原作より気に入っている」といったコメントが見受けられる。