「優勝しかない」「クラブを直接説得した」“韓国のメッシ”ら欧州組がアジア大会への覚悟を明かす

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】欧州リーグでプレーするFWファン・ヒチャン(ザルツブルク)とイ・スンウ(ヴェローナ)が8月8日、ジャカルタ・アジア大会に臨むU-23代表チームに合流した。

ファン・ヒチャン(左)とイ・スンウ
これで、攻撃陣のパズルは最後のピースを残すだけとなった。

同13日に合流する予定のソン・フンミン(トッテナム)を除けば、代表メンバー20人中19人がアジア競技大会グループリーグ第1戦が行われる15日まで、呼吸を合わせることができる。

ファン・ヒチャンとイ・スンウが合流し、キム・ハクポム監督率いる韓国代表はほっと胸をなでおろした。

自らチームを説得

ファン・ヒチャンとイ・スンウは、所属チームを直接説得し、予想よりも早く代表チームに合流することになった。

(人気記事:写真14枚!! 美女アナの胸元が…コン・ソヨンのお宝ハプニング!!