「美女揃い!!」「Kリーグよりも数字を稼ぐ」韓国女子バレーが人気を集めている!!

Pocket
LINEで送る

8月18日に開幕するジャカルタ・アジア大会を控え、最近は女子バレーボールの話題を目にする機会が増えたような気がする。

韓国でも同様で、特に先週からは女子バレーボールに関する報道が目立つようになった。

韓国バレーボール連盟(KOVO)が主催する『韓国道路公社カップ 女子プロバレーボール大会』(KOVOカップ)が、8月5日に開幕したからだ。

KOVOカップは2006年から開催されてきたカップ戦だが、今年の大会は異例だ。韓国では2005年からプロリーグのVリーグが男子部・女子部の両方でスタート。リーグ戦、カップ戦ともに男子・女子の公式戦が同時に行われてきたが、今年は男子に先駆けて女子のカップ戦が単独で行われているのだ。

韓国女子バレー代表は8月にアジア大会、9月に世界バレー(世界選手権)を控えている。そのため女子だけが先に開催されることになったこともあるが(男子は9月に開催予定)、女子単独での開催は韓国バレーボール史上初めてのこと。

カップ戦には、アジア大会を控える女子韓国代表選手は不参加で、実力はもちろん、美しいルックスで人気を集めている外国人選手たちも国際移籍証明書(ITC)が発給されていないため参加していないが、注目度は高い。

(参考記事:【画像】ミスコン受賞者も!! 韓国Vリーグ女子の“美しすぎる外国人選手”を集めてみた!!

「女子KOVOカップの観戦ポイント、知って観るともっと面白い」(『スポーツ東亜』)など、大会の特集を組むメディアまであるほどだ。

“美女姉妹“などスター選手が人気を後押し

こうした注目と関心が高い背景には、韓国で高まっている女子バレー人気がある。