「ルーキー全冠王」なるか!? 韓国女子ゴルフ界でいま最も熱い19歳チェ・ヘジン

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】アマチュアとして韓国女子プロゴルフ(KLPGA)ツアーで2勝を収めた後、昨年プロデビューしたチェ・ヘジンに対し、“怪物新人”という修飾語を付けたところ、10代の少女に“怪物”という表現はよろしくないと責められたことがある。

だが、あれから1年あまり経ったいま、その表現が少しも誇張ではなかったと改めて実感している。

“女子高生”を卒業したチェ・ヘジンが今シーズン、ルーキーにもかかわらず、最も熱いスターとして注目されているからだ。

チェ・ヘジンは、デビュー1年目にもかかわらず、期待を超える大活躍を続けている。

現在、KLPGAツアーで、新人賞ランキングはもちろん、大賞ポイント、獲得賞金、勝利数、平均打数ランキングで1位を走っている。

『ヒョソン・チャンピオンシップ』と『BCカード・ハンギョン・レディースカップ』で優勝し、チャン・ハナ、イ・ソヨンと並んで勝利数ランキング1位タイ。

新人賞ポイント部門で1571ポイントを獲得し、2位のハン・ジンソン(692点)を大差で引き離している。

さらに、大賞ポイントランキング(330点)、賞金ランキング(5億7731万ウォン)、平均打数ランキング(69.7)と、個人タイトルの全部門でトップに立っている。

12年ぶりの「ルーキー全冠王」なるか

KLPGAツアーは、2週間の休息を終え、8月10日から3日間、済州(チェジュ)市の吾羅(オラ)カントリークラブの東・西コース(パー72)で開催される三多水(サムダス)マスターズ(賞金総額6億ウォン=約6000万円、優勝賞金1億2000万ウォン=約1200万円)から後半戦に突入している。

(人気記事:写真30連発!! “次世代セクシーゴルファー”ユ・ヒョンジュは、アン・シネを超えられるか