東方神起、またも快挙!! 日本でも韓国でも楽曲がドラマ主題歌に起用され続けるワケ

Pocket
LINEで送る

8月4日から放送がスタートしたドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』(フジテレビ系列・東海テレビ)。AKB48の元メンバー・渡辺麻友が初となる連ドラ主演を務めていることも注目されているが、主題歌も話題になっている。

主題歌『Jungle』を歌っているのは、韓国はもちろん、日本でも絶大な人気を誇る男性デュオ東方神起だ。

東方神起は、約2年間の兵役を経て昨年8月に活動を再開。その後、韓国では音楽活動と並行して数多くのバラエティ番組に出演して反響を呼び、日本では今年6月に海外アーティスト史上初となる日産スタジアム3デイズ公演を開催するなど、衰えぬ人気を誇っている。

(参考記事:質素な暮らしぶり、超ポジティブ…。東方神起メンバーの親しみやすさに大反響!!

それだけに、今回のドラマ主題歌起用にも日本と韓国のファンから大きな関心が寄せられている。

K-POPアーティストの中でも異例

もっともファンの間ではよく知られている通り、東方神起の楽曲が日本のドラマで使われるのはこれが初めてではない。