美ボディ女優リュ・セビが思うこと。「日本と韓国の“筋トレ女子”の違いは…」

Pocket
LINEで送る

【前回】釈由美子や大政絢にも負けていない韓国の美ボディ女優リュ・セビが明かす「健康美のヒミツ」

2016年1月に“奇跡のDカップ女神ボディ”ユ・スンオクがバラエティ番組に出演したことをきっかけに、体を鍛える女性が急増している韓国。

ユ・スンオクの登場以降、「けしからん体つき!!」と騒がれたチェ・ソルファや、日本のバラエティ番組でも取り上げられたイ・ヨンファなど、数多くの“マッスル美女”たちがテレビや雑誌に引っ張だこになっている。

(参考記事:【画像あり】韓国メディア選定!! 「マッスル・クイーンTOP10」は誰だ!?

今年1月に韓国の文化観光部(日本の文部科学省に相当)が発表した「2017年国民生活体育・参与実態調査」でも、「最も行っているスポーツは?」という質問の回答で3位に「ボディビル」がランクインしたのだから、その盛り上がりがわかるだろう。

“韓国の釈由美子”が見るフィットネス人気

そんな韓国の“マッスル・ブーム”をリュ・セビはどう受け止めているのだろうか。