綾瀬はるか主演ドラマ『義母と娘のブルース』が実は韓国でも意外な注目を集めている!!

Pocket
LINEで送る

綾瀬はるか主演のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)が、じわじわと話題になっている。

初回11.5%でスタートした平均視聴率は、先週の第5話で13.1%に上昇。本日8月14日に放送される第6話からは数年後を描く第2章に突入するということで、期待はさらに高まっているが、実はこのドラマ、韓国でも放映されていることをご存知だろうか。

韓国では現在、女性向けのケーブルチャンネル「TRENDY」にて毎週日曜日に放送されているのだ。

(写真=『義母と娘のブルース』公式HP)
韓国でも人気の高い綾瀬はるかと竹野内豊、佐藤健が出演するだけでもポイントは高いが、斬新な設定、スピーディーな展開、コミカルさなどが揃って、ドラマ『逃げるが恥だが役に立つ』と同じように、リアルタイムで韓国の日本ドラマ・ファンたちの評判を得ているようだ。

(参考記事:ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が実は韓国でも注目されているワケ

すでにご存知の通り、綾瀬が演じる33歳の優秀なキャリアウーマンが、妻と死別した子持ちのサラリーマン(竹野内豊)と偽装結婚し、仕事をやめて専業主婦になる、というのが大まかなストーリーになっている。

韓国でも意外な注目を集めるワケ

これだけ聞いてはかなり荒唐無稽な話だと思ったが、コミカルかつハートウォーミングに描かれていく新たな母子像に、韓国の日本ドラマ・ファンたちも引き込まれてしまったのかもしれない。