2002年W杯から14年。韓国の“四強戦士”たちは今、どこで何をしているのか

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTSKOREA)
(写真提供=SPORTSKOREA)

今から14年前の今日、つまり2002年5月31日と聞いて連想するのは何か。

いろいろあるだろうが、サッカーの2002年FIFAワールドカップ開幕を思い出す人もいるではないだろうか。日本と韓国が共同開催したワールドカップが開幕したのは、まさしく14年前の今日だった。

その2002年ワールドカップで韓国代表はベスト4進出を成し遂げ、その快挙を達成した選手たちは“四強戦士”と呼ばれているのだが、彼らは今、どこで何をしているのだろうか。

調べてみると、エントリーメンバー23人中、すでに22人が引退して第二の人生を歩んでいる。14年の歳月が過ぎたのだから、それも当然かもしれない。

“四強戦士”の今

その多くはコーチや監督など指導者になっている者が多い。