男子ゴルフも韓国勢が席巻中。彼らはなぜ日本に来たのか

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTSKOREA)キム・キョンテ
(写真提供=SPORTSKOREA)キム・キョンテ

韓国ゴルフと言えば、イ・ボミやキム・ハヌルなど女子ゴルファーたちの活躍が目覚しいが、今年は男子ゴルフも元気だ。

男子ゴルフの日本ツアーは先週の「~全英への道~ミズノオープン」を含め7試合を消化したが、韓国人ゴルファーの優勝は5回を数える。しかも、そのうち3回の優勝が同一人物。昨年の賞金王キム・キョンテだ。

キム・キョンテといえば、2010年に韓国人初の日本ツアー賞金王に輝き、その勝負強さから“鬼”と呼ばれた人物。石川遼との競争の末に掴んだ賞金王だった。

その直後、雑誌の取材でロングインタビューする機会があったが、“鬼”という愛称とは対照的な、穏やかで柔和な表情が印象的だった。「世のビジネスマンたちからすると僕たちは羨ましい職業でしょう」と、プロゴルファーという職業をCEOに例えるところにビジネス感覚も備えていることを伺わせた。

ただ、そんな彼も数年間はスランプに苦しんだ。アメリカ、日本、韓国を転戦したせいで調子を崩し、飛距離アップを目指したスイング改造の模索もあったが、昨年は見事に復活。6年ぶりの日本ツアー賞金王に輝き、前出した通り、今季も早くも3勝しているのだから、もはや完全復活と言えるだろう。韓国メディアも「日本のグリーンの支配者」(『朝鮮日報』)と報じている。

日本に続々とやってくる韓国男子プロたち

特筆すべきは近年、このキム・キョンテに続けとばかりに韓国の男子プロたちの日本進出が急増していることだ。