韓国で“最悪”の経済格差が…「所得が低い人」ほど給料も働き口も失うのはなぜ?

Pocket
LINEで送る

数日前からソウルに来ている。知人や記者仲間たちとの雑談でよく出るのが、韓国の経済格差が広がっているということだ。所得が少ない人はさらに少なくなり、所得が多い人はさらに多くなっているというのだ。

韓国にはそもそも「自力で大富豪になれない」という“格差”が存在しているが、それとはまったく違う次元で問題が深刻化しているらしい。

(参考記事:日本と韓国の大富豪は何が違う? 億万長者の成り立ちに見る韓国の経済格差

韓国統計庁が8月23日に発表した「2分期家計動向調査結果」によると、所得下位20%の世帯の所得が月額132万4900万ウォン(約13万円)で、前年同期比で7.6%も減少したという。4-6月期ベースでは2003年以降、最大の減少幅らしい。所得下位20%の勤労所得は15.9%も減ってしまっているというのだ。

“最悪”の経済格差とは

一方で所得上位20%の世帯の所得は、どうだったか。