署名運動、国民公募もあった平昌五輪の公式マスコットついに発表。韓国ネット住民の反応は?

Pocket
LINEで送る

2年後の2018年に韓国・平昌(ピョンチャン)で行われる冬季五輪および冬季パラリンピックの公式マスコットが発表になった。

平昌冬季五輪組織委員会が6月2日に発表した公式マスコットの名は、“スホラン”と“バンダビ”。“スホラン”は白虎、“バンダビ”はツキノワグマをモチーフにしており、それぞれネーミングにも意味があるらしい。

IOC(国際オリンピック委員会)やIPC(国際パラリンピック委員会)の関係者はもちろん、一般層の反応も「コロコロしていてかわい過ぎる」「クオリティは高いんじゃないのか」と、反応もまずまずだそうだが、実は平昌五輪の公式マスコット選定までにはかなり時間がかかった。

そもそも平昌冬季五輪の誘致が決まったのは2011年7月。そのときに真っ先に公式マスコットとして候補に上がったのは、韓国で絶大な人気を誇る児童アニメ『ポンポンポロロ』だった。

主人公ポロロは氷上スポーツとの関連性が高そうなペンギンの男の子で、いつも被っている帽子には“Pyeong Chang(平昌)”と同じ“P”の文字があったこともあって、ネット上では「ポポロを平昌五輪の公式マスコットにしよう」という署名運動まで展開されたほどだった。

公式マスコットが決まる道のり

2014年6月には平昌五輪組織委員会が全国民を対象にマスコットのアイディアの公募も実施。