「難しさはなかった」韓国も大注目のカンヌ女優・唐田えりかが語る“映画初ヒロイン”

Pocket
LINEで送る

9月1日から公開される映画『寝ても覚めても』(濱口竜介監督)。

芥川賞作家・柴崎友香の同名恋愛小説を映画化し、「第71回カンヌ国際映画祭」コンペティション部門にも出品されたこの作品で、ヒロインを務めるのが女優の唐田えりかだ。

(写真提供=映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINEMAS)唐田えりか。映画『寝ても覚めても』より
2014年にアルバイト先のマザー牧場でスカウトされ芸能界入り。翌2015年に出演したCMが話題になり、同年にはドラマ『恋仲』にも出演。その後も数多くのドラマに抜擢され、現在はファッション誌『MORE』の専属モデルとしても活動している。

また、2017年からは韓国にも活躍の場を広げている。唐田が出演したLG電子のスマートフォンのCMも大きな反響を呼び、「広末涼子に続く清純派女優」と評価されるなど韓国でも人気を広げつつある。

(参考記事:【動画あり】「広末涼子に続く清純派女優」LG電子のCMに出演した唐田えりかの韓国での評判

『寝ても覚めても』は、そんな唐田が本格演技デビューを果たし、自身初のヒロインを務めた作品だ。

「演技は自分の中から勝手に出てくるもの」

日本と韓国で注目を集める若手女優は、この作品を通じて何を感じたのか。都内某所でインタビューした。