釜山モーターショーで見た韓国の自動車業界とレースクイーンたちの現実

Pocket
LINEで送る

(写真提供=KIA自動車)
(写真提供=KIA自動車)

先週1週間、仕事で韓国に行って来た。その取材成果は追って紹介したいと思うが、取材のために向かった釜山(プサン)で、ちょうど「2016釜山国際モーターショー」が行われていたので、その様子を少し伺ってきた。

「釜山国際モーターショー」は2001年から2年に一度行われきた国際モーターショーで、今年で8回目を数える。主催する釜山国際モーターショー事務局によると、第1回大会の観客動員は72万7000人(2001年)だったが、2003年の第2回大会で100万人を突破し、2014年の第7回大会では115万1000人の観客を集めたという。かなりの人気モーターショーと言ってもいいかもしれない。

ただ、世界が注目する国際的なモーターショーかと言えば、そうとは言い切れない。

モーターショーの目玉は、自動車メーカーたちが満を持して発表する新車や時代の先端を先取りするコンセプトカーなどだが、今回の「釜山モーターショー」で世界初お披露目となったのはわずか5台。そのうち4台は、ヒュンダイ自動車(RM16)、KIA自動車(K7ハイブリッド)、ヒュンダイの高級ブランドであるジェネシス(ジェネシスG80、ジェネシスG80スポーツ)という韓国メーカーで、ポルシェ、フェラーリ、アストンマーチン、マセラッティ、クライスラーなどは出展すらしていない。

昨年ソウルで行われた「ソウル国際モーターショー」でもワールドプレミアや海外メーカーの出展数が少なく、「モーターショーではなく高級ホテルの駐車場に来たようだ」と指摘されていたが、「釜山国際モーターショー」もさほど変わらない状況のようだった。

それでもレースクイーンは豪華!!

ただ、モーターショーを彩る“華”と言えるレースクイーンたちは百花繚乱だった。