韓国でも人気のカンヌ女優・唐田えりかが語る“日韓比較”と“理想の女優像”

Pocket
LINEで送る

【前回】「難しさはなかった」韓国も大注目のカンヌ女優・唐田えりかが語る“映画初ヒロイン”

2015年に出演したCMも話題を呼び、『こえ恋』『トドメの接吻』など数々のドラマに抜擢されてきた女優・唐田えりか。

彼女が本格演技デビューを果たし、自身初となるヒロインを務めた映画『寝ても覚めても』(濱口竜介監督)が、本日9月1日から公開される。

『寝ても覚めても』は、芥川賞作家・柴崎友香の同名恋愛小説を映画化し、「第71回カンヌ国際映画祭」コンペティション部門にも出品された作品。唐田は、東出昌大が一人二役を務めた“同じ顔の男”亮平と麦(ばく)の間で揺れ動くヒロイン・朝子を演じた。

前回のインタビューでは、「もともとは演技に対して苦手意識も強かったんですが、『寝ても覚めても』と濱口監督に出会えたおかげで、演技に対して前向きになれました」と語っていたが、彼女は濱口監督の演出や撮影手法も印象的だったと話す。