日本や中国に勝っても「韓国代表を応援しない!!」との声も。韓国野球は支持を取り戻せるか

Pocket
LINEで送る

アジア大会の野球スーパーラウンドで日本に5-1、中国に10-1の勝利を飾って決勝に進出した韓国野球。3大会連続5回目の金メダルに王手をかけた状態で盛り上がってもおかしくはないはずだが、どうやら今回は勝手が異なる。

それは試合結果を伝える各メディアの報道からも見て取れる。

例えば、5-1で勝利した日本戦直後の報道だ。「野球韓日戦、勝って当然の試合を勝つ…喜ぶべきか」(『MKスポーツ』)、「韓日戦に勝利した韓国、13残塁は玉にきず」(『News1』)といった具合で、どこか冷ややかな空気が漂っていた。

10-1の大勝を飾った昨日の中国戦もしかり。「1回に前進守備? 恐れる中国に苦戦したソン・ドンヨル号」(『SPOTV NEWS』)、「今回も9回まで…中国相手にコールドゲームを期待するのは贅沢だったのか」(『マイデイリー』)など、大勝を飾っても手放しで評価されることはなかった。

今回、韓国は登録メンバー全員がプロ選手というチーム構成でアジア大会に臨んでいる。

それどころかパク・キリャン、アン・ジヒョンなど、各球団の人気チアドルたちもジャカルタに派遣。過去に4回も優勝に輝いている韓国だけに、自然と優勝への期待が高まり、盛り上がることを見越してのことだったのだろうが、それさえも今は「度が過ぎた」と一部ファンから指摘されているほどだ。

(参考記事:【写真11枚】激かわ「キス顔」も!! アジア大会の“韓国代表チアリーダー”が美女すぎる!!

もっとも、今回のチームは先日も紹介した通り、一部の選手がアジア大会優勝による「兵役免除」の恩恵を明らかに狙った行動で物議を醸すなど、大会前から何かと波紋を呼んでいた。