「日本との違いも開きもクッキリ」韓国がアジア大会で突き付けられた厳しすぎる現実とは?

Pocket
LINEで送る

9月2日に幕を閉じたインドネシア・ジャカルタでのアジア大会。複数の韓国メディアをウォッチしてみると「ハッピーエンディング」という文字が並ぶ。

サッカーはソン・フンミン、野球は人気チアも加勢

9月1日に野球、男子サッカー、女子バレーで日韓戦があり、いずれも勝利を飾ったせいか、「宿命のライバル戦となったバレー、野球、サッカーで“韓日戦全勝”」(『XPORTS News』)、「女子バレー、野球、サッカー。韓国、日本を立て続けに撃破“今日は克日の日”」(『ニュース・ワックス』)と鼻息も荒い。

もっとも、そのチーム状況からして韓国のほうが有利であることは戦前から明らかだった。

日本に勝利し喜びを爆発させたソン・フンミン
サッカー韓国代表はソン・フンミンらオーバーエイジ枠をフル活用したチーム構成であったし、野球韓国代表は全選手すべてがプロ。しかも、パク・キリャン、アン・シヒヨンなど各球団の華といえる人気チアリーダーたちもジャカルタに派遣して、応援合戦を繰り広げるようにしたほどの入れ込みようだった。

(参考記事:【写真11枚】激かわ「キス顔」も!! アジア大会の“韓国代表チアリーダー”が美女すぎる!!

期待の美女アスリートに孝子種目も大苦戦

まして、金メダルなら兵役免除という“ご褒美”も付いてくる。