金メダルを手に帰国したファン・ウィジョ、大会中の心境とアジア大会優勝の要因を語る

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】議論の中心に立っていた男が金メダル獲得の立役者に戻った。

キム・ハクボム監督が率いるアジア大会代表チームが9月3日、金メダルを首にかけて仁川(インチョン)国際空港を通じて帰国した。

チームは9月1日に行われたアジア大会の男子サッカー決勝戦で、延長の接戦の末に日本を下し2大会連続金メダルを獲得した。

今大会ではファン・ウィジョ(ガンバ大阪)が9ゴールを決め、攻撃陣の中で最も素晴らしい活躍を見せた。

ファン・フィジョは大会前、城南FC時代に師弟関係にあったキム・ハクボム監督との関係によって、“コネ論争”の中心にあった。

しかし、ファン・ウィジョは実力で論争を払拭し、今大会最高スターとなった。

帰国インタビューで「最大限チームに被害を与えないようにした。僕を信じてくれたコーチング・スタッフと選手たちのために最善を尽そうと考え、それによって頑張りたいと思えたし、いい結果が出たようだ」と語った。

決定力が向上した理由は…

以下は一問一答。