BTSと同列? 韓国で起こるサッカー選手の“アイドル化”。女性ファンが人気低迷のKリーグ救うか

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】サッカーが“女心”をつかんだ。

最近、サッカー韓国代表チームが女性の間で話題となっている。10~20代を中心にSNSとネット上で大きな関心を集めている。

ソン・フンミンやイ・スンウ、キ・ソンヨンらのInstagramのフォロワー数は芸能人に劣らない。

9月9日現在、ソン・フンミンは159万人に肉薄しており、イ・スンウは57万人、キ・ソンヨンは16万人に達している。

ロシアW杯でスターに浮上したイ・ヨンやジャカルタ・アジア大会で全国に名を知らせたファン・ウィジョも10万人突破が目前に迫っている。

オンラインコミュニティでは、ソン・フンミンとイ・スンウの顔写真が学校の黒板にかかっている画像が話題になっているほどだ。

オンラインコミュニティに掲載された写真。学校の黒板にイ・スンウの写真が掲げられ、「今日のイケメン」「イ・スンウ様」と書かれている

オンラインコミュニティに掲載された写真。左からソン・フンミン、BTSのV、イ・スンウ
(関連記事:「久保建英は僕の競争相手ではない」“韓国のメッシ”イ・スンウの意外な素顔

二人の間に人気ボーイズグループBTS(防弾少年団)のメンバー・Vの写真が飾られていることを見ると、最近のサッカー選手たちの認知度がどの程度なのかうかがえる。

アイドルのコンサート会場さながらの雰囲気

熱気が高まっているのはネット上だけではない。