美人女優から個性派作品まで!! 韓国で高く評価された日本ドラマのクオリティー

Pocket
LINEで送る

日本の俳優や作品が韓国で存在感を示したアワードだった。先週9月3日に行われた第13回ソウルドラマアワード2018が、その舞台だ。

世界の監督や脚本家、俳優が授賞式に参加するなかで、日本からは俳優の松重豊や大谷亮平、女優の藤井美菜が出席した。

韓国で活躍する日本の美女も出席

特に藤井美菜は、韓国メディアが「藤井美菜、魅力的な微笑み」「藤井美菜、“すべての視線を集めるビジュアル”」「藤井美菜、“歩くお人形”」といった見出しを打って報じていた。

日本ではそれほど知られていないかもしれないが、彼女は韓国で活躍する日本の美女として大人気なのだ。

(参考記事:「美しすぎる!」とネットで話題に。韓国で活躍する日本芸能界の美女たち

そもそもソウルドラマアワードは、放送社であるKBS、MBC、SBS、EBSの4社が協力して世界各国のドラマを韓国に伝え、韓国のドラマも世界に知らせるという趣旨で開催されている。

世界のテレビドラマのなかから優れた作品を紹介する、韓国唯一の国際テレビフェスティバルといえるだろう。

国際色豊かな授賞式、『孤独のグルメ』も

今年は56カ国から268作品が出品されており、栄えある大賞に輝いたのはドイツのドラマ『Babylon Berlin』。