【独占インタビュー】韓国NO.1チアリーダー、パク・キリャンの素顔(中)

Pocket
LINEで送る

(写真提供=RS ENT)
(写真提供=RS ENT)

【前回】【独占インタビュー】韓国NO.1チアリーダー、パク・キリャンの素顔(上)

チアリーダーたちは、試合のある日をどう過ごしているのだろうか。

「ホームで試合があるときは、何があっても舞台に立ちます。試合の3時間前には球場に入って、メイクをして、髪を整えて、食事もして。その後に簡単にリハーサルも。試合のある日は、ほとんど丸一日球場にいるという感じですね。月曜日は試合がありませんが、チアリーダーたちにとっては練習日。つまり、ほぼ毎日ということ(笑)。シーズンが始まったら休日というのはほとんどないんです」

このインタビュー後に試合を観戦したが、チアリーダーたちの仕事は想像以上に過酷だ。攻守が切り替わるたびに、一塁側ベンチの上に設置されたステージで、観客席に向かってダンスを披露する。それがほぼ毎日ということであれば、体調管理にはさぞ気を使っていることだろう。

「よく聞かれるんですけど、特にしてないんですよ(笑)。気をつけていることと言えば、試合中に汗をたくさんかくので、水をよく飲むようにしています。水はあんまり好きじゃないんですけどね。でも一度、脱水症状で救急室に運ばれたことがあって…。それからは気をつけています。本当にそれくらいです」

「応援がうまくいけばいつも勝つ」

パク・キリャンがやりがいを感じる瞬間は、やはり観客と一体になって応援がうまくいったときだ。パク・キリャンは応援の力が試合に影響を与えると信じている。