安室奈美恵の引退に韓国も注目。“日韓クイーン比較”に人気女優の“オタク説”も?

Pocket
LINEで送る

安室奈美恵が9月16日に引退する。

デビュー25周年を迎えた2017年9月に引退発表後、同年11月に発売したベストアルバム『Finally』が227万枚(オリコン調べ)を売り上げるなど、大きな反響を呼んできたが、いよいよ引退が目前に迫り、メディアで安室奈美恵の名を目にすることも一層増えたと感じる今日この頃だ。

そんな安室奈美恵の引退のニュースは、韓国でも話題になっている。

2017年9月の発表当時には、数多くの韓国メディアが速報扱いで報道していた。安室奈美恵と年齢が近く、韓国では何かと比較されることもあった歌手のイ・ヒョリと改めて比較しながら、安室奈美恵の経歴を振り返る記事なども目立っていた。

(参考記事:【写真38枚】時代を席巻した韓国の”セックス・シンボル”イ・ヒョリのフォトヒストリー

最近も、「“J-POPの女王”安室の引退を控え(日本)列島が大騒ぎ」(『国民日報』)、「安室奈美恵のラストライブで…宿泊予約戦争」(『TVリポート』)、「“9月に引退”コンサートDVDもミリオンセラー」(『エクスポーツニュース』)など、多くのメディアで取り上げられている。

30~40代男性から絶大な人気の“日本の2大女性アーティスト”

そもそも安室奈美恵は、以前から韓国で知名度が高かった。