【画像あり】祭りの後①~平昌五輪から半年。既に撤去されたオリンピックスタジアム

Pocket
LINEで送る

平昌オリンピック・パラリンピックが終わり半年も経っていないが、先週、韓国に行ったついでに、ソウルから日帰りで、平昌オリンピック・パラリンピックの開会式・閉会式の会場になった、平昌のオリンピックスタジアムに行ってきた。

平昌にはまず、ソウルの清涼里(チョンニャンニ)からKTXで江陵(カンヌン)に行き、そこからバスで平昌を目指した。

大会期間中は1時間に3本程度走っていた江陵行きのKTXであるが、現在は、朝の時間を除き、1時間に1本程度になっている。

私が乗ったのは、平日の午前中であったが、乗車率は6、7割といったところだった。それでも、私が思っていたよりは多かった。江陵駅のホームから改札に上るエスカレーターを待つ列も、大会期間中より、長い気がする。

江陵市はスケート競技の会場で、江陵駅は大会期間中、アクセスの拠点であった。しかし駅構内は、コンビニと軽食堂が1軒ずつと、利用者には、不便な駅であった。

現在は食堂が1軒増え、大会中はカード専用の臨時の乗車券販売所であったスペースに、ダンキンドーナッツができていた。

(関連記事:メガネ先輩は結婚!! “衣装はだけ美女”に“土下座スケーター”は…平昌五輪「あの人は今」

オリンピックスタジアムはもうない

駅前の五輪マークは、そのまま残されている(次ページ写真)。