日本よりも強烈で大胆な韓国サッカー選手たちのタトゥー事情

Pocket
LINEで送る

サッカー日本代表のジュビロ磐田・小林祐希が何かと話題らしい。キリンカップで日本代表初選出されたこともさることながら、写真週刊誌『フラッシュ』が報じた左腕のタトゥー写真が話題らしいが、韓国サッカー界でもタトゥーを入れる選手が増えている。

最近の韓国サッカー界でタトゥーが有名になったのはFWソク・ヒョンジュンだ。

高校卒業後にアヤックスに渡り、2010年に19歳で韓国代表デビュー。その後、ポルトガル・リーグを渡り歩き、今年から名門FCポルトでプレー。韓国代表にも復帰し、6月5日のチェコ戦では値千金の決勝ゴールを決めて一躍、注目株になったが、その活躍以上に脚光を浴びたのが、両腕いっぱいに施されたタトゥーだった。

かなり強烈で、日本ならほぼNGだろうなというほどである。

このソク・ヒョンジュンを筆頭に最近の韓国サッカー界では男子選手だけではなく、女子選手の中にもタトゥーマニアがいる。当時は気付かなかったが、かつてJリーグで活躍した選手もタトゥーを入れていたのは意外だ。

チャ・ドゥリの父親は激怒!?

もっとも、サッカー界のタトゥーキングと言えば、真っ先に挙げられるのはチャ・ドゥリだろう。