綾瀬はるか主演『義母と娘のブルース』、韓国では妙なところが注目されて面白い!!

Pocket
LINEで送る

綾瀬はるか主演のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)、通称『ぎぼむす』が今日で最終回を迎える。

9月11日に放送された第9話が平均視聴率17.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と絶好調で、最終回は20%超えも期待されているようだ。

また、早くも続編や映画化の話が浮上するなど、2016年に社会現象となった『逃げるは恥だが役に立つ』にも匹敵するような話題を振りまいている。

(写真=『義母と娘のブルース』公式HP)
現在、この『ぎぼむす』が韓国のケーブルチャンネル「TRENDY」でも放映中で、意外な注目を集めていることは以前紹介した通りだ。

『ホタルノヒカリ』の干物女として韓国でも知名度が高い綾瀬はるかと、演技力に定評のある竹野内豊、佐藤健といった豪華キャストだけでも興味をそそられるファンが多いという。

昨今、藤井美菜、唐田えりか、大谷亮平など韓国でも活躍する日本の芸能人たちが人気だが、韓国で活躍していなくても綾瀬はるかや竹野内豊の知名度は高いという証明だろう。

(参考記事:「美しすぎる!」とネットで話題に。韓国で活躍する日本芸能界の美女たち

韓国でなぜ人気?

ただ、『きぼむす』が韓国の日本ドラマ・ファンたちの間で人気なのは、豪華キャストだけがその理由ではないらしい。