東方神起、復帰後初オリジナルアルバムに韓国ファンも注目。その背景にあるものとは

Pocket
LINEで送る

9月19日にニューアルバム『TOMORROW』をリリースしたK-POPのスーパーデュオ・東方神起。今作は、ユンホとチャンミンの2人が約2年間の兵役を終えて昨年8月に活動再開後、初となるオリジナルアルバムとなる。

それだけに日本のファンの間でも話題となっているが、韓国でもこのアルバムへの関心は高い。

「東方神起、ニューアルバムのビジュアルとヒット曲のNEWバージョンに“大騒ぎ”」(『ニュースカルチャー』)など、メディアでも取り上げられており、韓国大手ポータルサイト『NAVER』で検索すると、今作を紹介するファンのブログなども多数ヒットする。

(写真提供=SPORTS KOREA)
最近はバラエティ番組でユンホが母校を訪問したことも話題になるなど、東方神起は韓国でも衰えぬ人気を誇っているが、韓国ファンたちは、日本でリリースしたニューアルバムにも大きな関心を寄せているわけだ。

(参考記事:【話題】東方神起ユンホ、懐かしの母校を訪問。校舎にはユンホの壁画や銅像が…!!

その背景には、これまで東方神起が日本でリリースしてきた音盤が大きな反響を集めてきたこともあるだろう。

デュオ体制でも受賞歴は多数

振り返れば、東方神起は2005年の日本デビュー以来、『BREAK OUT!』(28.9万枚)や『Why?(Keep Your Head Down)』(28.6万枚)など、数多くのヒット曲を輩出してきた。