“韓国のメッシ”イ・スンウが自ら選んだベストゴールは「日本との試合の…」

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】20歳のイ・スンウはサッカー選手として、まだまだやることが多い。

しかし年代別代表を経て去る6月、韓国サッカー史上4番目に若い歳でワールドカップに出場するなど、すでにさまざまな国際大会を通じて私たちに楽しみを与えている。

そんなイ・スンウのサッカー人生において、最高の瞬間とベストゴールは何か。彼は『スポーツソウル』との独占インタビューを通じて、それを明かしている。

まず最高の瞬間は、6月18日のロシアW杯初戦、スウェーデン戦の後半に途中投入されてワールドカップのピッチを踏んだときだ。イ・スンウは後半28分、ク・ジャチョルに代わって出場してワールドカップデビューを果たした。韓国は後半20分にアンドレアス・グランクヴィスのPKで先制されてそのまま敗れたが、イ・スンウは短い時間のなかでも創意的な動きとめげないプレーで深い印象を残した。

イ・スンウは「韓国が負けている状況だったので必死だったが、今振り返ってみると、この年齢で大きな舞台に立てただけでも意義深かった。信じられなくて胸がいっぱいになった」と話す。イ・スンウはスウェーデン戦の活躍を足がかりに、メキシコとの第2戦でも途中投入された。

イ・スンウのベストゴールは日本戦

最高のゴールは、2014年U-16アジア選手権のベスト8で日本と対戦した際の60mドリブル後の得点だ。