メダル獲得も変化なし…韓国の“不人気スポーツ”に突きつけられた過酷な現実

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツソウル】不人気スポーツの苦悩は、言葉で表現できない。

「4年に一度だけ活動する種目」という言葉があるほど、大きなイベント時にだけ注目を集める。それほど大衆の関心がないという証拠でもあるが、熱心に汗を流す当該スポーツの選手、指導者、関係者らにとっては残念でならないだろう。

先月閉幕したジャカルタ・アジア大会においても、その扱いは大きく変わることはなかった。多様な種目で汗の結実を結んだ選手たちは、それぞれ首にメダルをかけて自分の努力を証明した。

なかには韓国スポーツにおける“メダルの不毛地”といえる種目で、大きな快挙を成し遂げたものもあった。予想外の成績だったためマスコミの注目を浴びることができ、世間にその種目を知らせるきっかけになったりもした。

しかし、現実は冷酷だ。

関心が集まったのは、選手たちがメダルを首にかけたしばらくの間だけ。このような背景を変えるためには、スポーツ行政から文化までが変わるべきだという声も大きい。多様なスポーツのインフラ構築と人口の増加は、不人気種目の関心に変わるというのが体育界の共通の意見だ。

不人気種目の悲惨な現実

一例として、今大会で大きな成果を出したセパタクローとカバディを挙げることができる。