BTSと秋元康コラボ中止騒動に違和感。韓国で“右翼判定”されてしまう日本の芸能人たち

Pocket
LINEで送る

韓国はもちろん、今や世界中で絶大な人気を誇るK-POPボーイズグループのBTS(防弾少年団)。

8月に発表したニューアルバム『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』も、アメリカのビルボードのアルバムチャートで1位に輝き、9月24日はニューヨークの国連本部で開かれたユニセフ(国際児童基金)の会合でスピーチするなど、その活動は多岐に渡り、影響力も計り知れない状況になっているが、最近、BTSの新曲を巡ってちょっとした騒動も起きている。

コラボ中止の背景に潜む違和感

11月に発売予定の日本版シングルに収録されるはずだった秋元康氏作詞の楽曲『bird』が、韓国ファンの反発もあって収録中止になってしまったのだ。

(参考記事:K-POPグループBTSと秋元康のコラボにファン激怒。「右翼と関わらせるな!!」

このニュースは韓国と日本のメディアで大きく取り上げられた。両者のコラボレーションが中止になった背景を探る記事も多く出回った。さまざまな状況を考慮しつつ余波も勘案してコラボを中止したのだろうが、個人的に気になったのは韓国のネット世界で、秋元氏への誤解とバッシングが独り歩きしていることだ。

(写真提供=SPORTS KOREA)BTSのメンバー

そのネット掲示板での情報を受けて、「防弾少年団ファンクラブ、日本の右翼プロデューサー秋元康氏とのコラボ批判」「防弾少年団、右翼論乱の秋元康プロデューサーとの協業中止」など、一部のメディアでも秋元氏は“極右の人”だと決めつけている状況なのだ。

調べれば韓国への理解がわかるはず

韓国のネット空間で秋元氏のことが話題になるのは、今回が初めてではない。