「いま、Jリーグの“3位争い”がアツイ!!」と韓国紙。「鹿島とC大阪の追撃に興味がそそられる」

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】日本のJリーグの3位争いが熱い。

Jリーグは第27節まで行われ、今季は7試合を残すのみとなった。

サンフレッチェ広島(勝ち点56)と“ディフェンディングチャンピオン”川崎フロンターレ(勝ち点53)がし烈なトップ争いを繰り広げているなか、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得できる3位の座をめぐる争いもし烈だ。

現在3位のFC東京(勝ち点43)に、鹿島アントラーズ(勝ち点42)、セレッソ大阪、ベガルタ仙台、コンサドーレ札幌(以上勝ち点41)が並んで追撃している。

8、9位の浦和レッズ(勝ち点38)、ヴィッセル神戸(勝ち点36)もFC東京と勝ち点差が7以内であるため、3位を狙うことは十分に可能だ。 

FC東京は最近、7試合連続で白星なし(3分け4敗)と下降傾向にある。鹿島がリーグ戦で2連勝し、勝ち点差を1に減らした。

セレッソも最近、3試合連続で負けなし(1勝2分け)だ。3位争いにさらに興味をそそられる。 

(人気記事:ソン・フンミンの「あり得ない行動の数々」を韓国記者が暴露。「俺はパスするために来たんじゃない」

昨シーズンも3位争いがし烈だった。