「東京五輪への道も険しい」女子バレー世界選手権に臨む韓国代表の状況は?

Pocket
LINEで送る

アジア大会で苦い敗北を喫したタイ(同16位)や、アゼルバイジャン(24位)、トリニダード・トバゴ(34位)も同じ組に入っている。

アゼルバイジャン、トリニダード・トバゴを除く残りの3チームは、勝てると言い切るのが難しい相手だ。アメリカとロシアは、世界ランキング10位の韓国より一枚上手と評価されている。タイも侮れないチームだ。全体的に、簡単ではない大会になる見通しだ。

24カ国が出場する今大会は、4ラウンドで行われる。

1次リーグでは24チームが4組に分かれて予選を行い、各組の上位4チームが2次リーグ(16強)へ進む。

2次リーグは8チームずつ2組に分かれて行われる。1次リーグでラウンドA、D組に入ったチームがE組で、B、C組に入ったチームがF組で争う。1次リーグで対戦しない4チームが対戦する方式だ。

2次リーグの各組3位までが3次リーグに進出する。3次リーグも2ラウンドのような形式で3チームに分かれて争う。各組2位までが準決勝に進み、決勝トーナメントを行う。 

客観的な戦力を見れば、韓国の1次リーグ通過は有力。分水嶺は、9月29日に行われるタイとの初戦だ。韓国とタイがC組3位の座をめぐって争う可能性が大きいからだ。

韓国の立場では、最大限長く生き残ることが重要となる。

(構成=李 仁守)

(関連記事:【画像】アイドル並みのかわいさ!? 韓国美女バレー選手“ベスト6”が美しすぎる!!