元Vリーガーの美女選手にもやられ3連敗。韓国は世界バレーから早々に去ってしまうのか

Pocket
LINEで送る

9月29日から日本で開催されている2018女子バレーボール選手権。A組に属した日本は1次リーグ第3戦を終えて2勝1敗を記録しているが、C組の韓国は瀬戸際に立たされている。

これまでタイ(セットカウント2-3)、アゼルバイジャン(1-3)、アメリカ(1-3)と対戦し3連敗。各組4位までが2次リーグへ進出できるが、C組での現在の順位は5位。1次リーグ脱落も現実味を帯びている状況なのだ。

韓国は今大会、エースのキム・ヨンギョンをはじめ、双子の妹のイ・ダヨンとともに“美顔ツインズ姉妹”と呼ばれるイ・ジェヨンなど、実力と人気を兼ね備えたメンバーを揃えてきた。

(参考記事:アイドル並みのかわいさ!? 韓国美女バレー選手“ベスト6”が美しすぎる!!

そんな代表チームが1勝も挙げられていない状況には、「女子バレー世界選手権で3連敗…予選脱落の危機」(『韓国スポーツ経済』)、「女子バレー韓国代表、世界選手権3連敗の泥沼」(『News1』)など、韓国メディアも危機感を募らせている。

韓国でもプレーした美女選手を抑えられず

致命的だったのは、初戦のタイ戦と第2戦のアゼルバイジャン戦を落としたことだろう。