韓国で開始3分でチケ完売した人気女優・唐田えりかも参加する今年の釜山国際映画祭

Pocket
LINEで送る

10月4日から韓国では「第23回釜山国際映画祭」が行われている。その華々しい幕開けを伝える開幕式が行われたのは、釜山の海雲台(ヘウンデ)地区のセンタムシティ(Centum city)にそびえ立つ「映画の殿堂」だ。

センタムシティはここ数年で急激に都市開発が進む新都心で、2002年ワールドカップの組み分け抽選会が行われたコンベンションセンター「BEXCO」などもあり、筆者も何度か訪れたことがあるが、立ち並ぶ高層ビル群には圧倒的される。

そのセンタムシティの一角にあるのが「映画の殿堂」で、釜山国際映画祭の専用ホールとして有名だ。これまでもこの「映画の殿堂」に敷かれたレッドカーペットの上を、数多くのスターたちが歩んできた。

今年もこのレッドカーペット・セレモニーには世界各国のスターたちが登場したが、個人的に注目したのは今や日本でも人気急上昇中の女優・唐田えりかだ。