現役アイドルも参戦しテレビ生中継……盛り上がる韓国の美ボディ・ブーム

Pocket
LINEで送る

日本では10月8日が“体育の日”となっており、連休中にスポーツを楽しんだ人も多いことだろうが、韓国にも“体育の日”はある。祝日ではないが、毎年10月15日が“体育の日”と定められており、日本同様に運動会があったり各種スポーツに汗を流す。

では、韓国ではどれほどの人々がスポーツを楽しんでいるのだろうか。

今年1月に韓国の文化観光部(日本の文部科学省に相当)が発表した「2017年国民生活体育・参与実態調査」によると、韓国では国民の59.2%が、週に1度、1回30分以上の割合で何かのスポーツをして汗を流しているという。

日本のスポーツ庁も同じようなデータを発表しているが、日本は2016年11月の世論調査で成人の週1回以上のスポーツ実施率は42.5%だった。

韓国の調査は満10歳以上の9000人を対象に世帯訪問を通じた面接調査なので日本とは単純比較はできないが、韓国のスポーツ実施率が高いことがわかるだろう。

しかも、「最も行っているスポーツは?」という問いへの回答が興味深い。1位ウォーキング(31.8%)、2位登山(17%)、3位がボディビル(14.7%)だったのだ。

(参考記事:韓国のスポーツ参加率を変えてしまったグラマラスな“マッスル美女”たち

ボディビルといってもムキムキに体を鍛えるわけではなく、美ボディ作りの意味合いも強いそうだが、そんな韓国の美ボディ・ブームを牽引する「マッスルマニア・コリアチャンピオンシップ」が10月6日に行われた。