現役アイドルも参戦しテレビ生中継……盛り上がる韓国の美ボディ・ブーム

Pocket
LINEで送る

これまでも何度か紹介してきた通り、「マッスルマニア」は韓国で最も有名なボディビル&フィットネス大会だ。

もともとは1991年にアメリカで行われ、イギリス、ブラジルはもちろん、かつては日本でも行われた。そんな各地の入賞者たちが集まる世界大会も行われており、韓国では“奇跡のDカップ女神ボディ”ユ・スンオクが2011年に東洋人としては初となるトップ5入賞を果たしたことで広く知れるようになった。

以降、韓国では「マッスルマニア」を通じて数多くの有名人が誕生している。 “脱アジア級ボディ”と称されるレイヤンなど、健康美でありながらどこかセクシーな“マッスル美女”たちが次から次へと登場。

近年は大胆な開脚始球式の姿が写真週刊誌『フライデー』で紹介されたチェ・ソルファや、今年初めに『週刊プレイボーイ』でのグラビアを飾り、日本テレビ系列の『人生が変わる1分間の深イイ話』でも登場したイ・ヨンファなど、日本でも取り上げられる“マッスル美女”たちも多い。今や各種メディアが、その年に知名度を高めた“マッスル・クイーン TOP10”を厳選して紹介するほどなのである。

特筆すべきは、その「マッスルマニア」が今大会からテレビ中継されたことだろう。