今年も受賞者ゼロ…韓国の“ノーベル賞コンプレックス”解消の日はいつか

Pocket
LINEで送る

京都大学の本庶佑・特別教授のノーベル医学生理学賞受賞の喜びに沸いた日本。本庶氏らが開発した免疫療法は、ガンの新しい治療法として期待を集めている。日本人のノーベル賞受賞は、2016年の東京工業大学・大隅良典栄誉教授以来、2年ぶりだ。

日本ではノーベル賞受賞という偉業が毎年恒例になりつつもあるが、そんな日本とは対照的に今年もガクリと肩を落としたのが韓国である。

「日本のノーベル賞23人に…“さらに”広がった韓日の格差」(『忠清トゥデイ』)、「ノーベル賞、韓国と日本の差は1-26に」(『グローバルエコノミック』)、「日本で相次ぐノーベル賞に沈む韓国科学界…“落胆してはならない”」(『ニュース1』)といった具合に、日本と比較した見出しが各種メディアに並んだ。

「韓国の受賞者は2人いる!!」との主張も…

隣国である日本が毎年のようにノーベル賞を受賞していることが影響しているのだろうか。