「私の体は実験台」“美しすぎる女教師”アン・インソン、日韓の美ボディブームを語る

Pocket
LINEで送る

韓国の名門・西江(ソガン)大学で客員教授として心理学を教えながら、その美ボディも注目を集めているアン・インソン。

フィットネス大会での受賞歴も数多く、最近は専門誌で表紙を飾るなど、“美ボディすぎる女教師”として絶大な人気を集めているマッスル美女だ。

これまで2回に渡ってアン・インソンの独占インタビューを紹介してきたが、彼女には、韓国で巻き起こっている“マッスル・ブーム”についても訊かないわけにはいかなかった。

日本の「筋肉女子」や「ボディメイクブーム」と同じく、昨今は韓国でも身体を鍛える女性が増えているのだが、“健康美のアイコン”としてそのブームを牽引するアン・インソンは、こうした韓国の状況をどのように見ているのか。

“マッスル美女TOP10”特集なども話題に

そう問うと、アン・インソンは「韓国女性のライフスタイルが変わってきていると思います」と口を開いた。