『オクニョ』ファンも必見。どこまでがフィクション?人気の韓国時代劇の最新解説書が登場!

Pocket
LINEで送る

人気の韓国時代劇の最新解説書が登場!

現在、日本ではK-POPが主導する第三次韓流ブームが起こっているが、同時に、韓国時代劇が高い人気を集めている。

そうした人気を背景にして、韓国時代劇のテレビ放送がとても増えている。NHKの総合テレビでも韓国時代劇の放送を再開。さらに、BSやCSでは連日多くの作品が放送されている。

このように、韓国時代劇を視聴する人が多いなかで、求められているのは、ドラマの内容をより深く理解するための歴史解説だ。特に、韓国時代劇は圧倒的な割合で朝鮮王朝時代の作品が多く、この王朝に対する理解が欠かせない。

そんな要請に応えて発行されるのが『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社発行/11月2日発売)。

韓国時代劇に登場する人物と歴史にスポットを当てたわかりやすい歴史解説書だ。この本を読めば、韓国時代劇のどこが史実で、どこまでがフィクションなのかもよくわかる。

また、『オクニョ 運命の女(ひと)』『雲が描いた月明り』『七日の王妃』『秘密の扉』といった人気作品の時代背景も詳しく紹介されている。韓国時代劇が好きな人にとって役立つ本になるだろう。

〔書籍情報〕
書名/『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』
発行/実業之日本社
価格/900円+税
発売/2018年11月2日

〔内容〕
第1章 韓国時代劇の人気作品で一挙に把握!朝鮮王朝の歴史とエピソード
第2章 韓流時代劇を見るときに必読!「朝鮮王朝の歴史/簡潔編」
第3章 朝鮮王朝をより深く知るための重要な歴史知識
第4章 これが韓国時代劇の主人公たちの実像!
第5章 韓国時代劇の最強ネタは「朝鮮王朝三大悪女」!
第6章 朝鮮王朝を揺るがせた重大事件の張本人
◆資料 歴代国王一覧・歴代王妃一覧・朝鮮王朝年表・人名事典・用語事典

〔著者略歴〕
康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化や日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『ヒボン式かんたんハングル』『悪女たちの朝鮮王朝』『韓流スターと兵役』『朝鮮王朝と現代韓国の悪女列伝』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』。

『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』の詳しくはこちら

(文=S-KOREA編集部)