新たな“韓流ゴルフ女神”ユ・ヒョンジュはなぜ日本女子ツアーを目指すのか【直撃インタビュー】

Pocket
LINEで送る

イ・ボミ、キム・ハヌル、そしてアン・シネと、日本女子ツアーで大きな人気を集める韓国女子ゴルファーは少なくない。そしてまた1人、新たに日本女子ツアー参戦を目指す韓国女子ゴルファーがいる。

去る8月29~31日に行われたファーストクォリファイングトーナメント(QT)を通過した、ユ・ヒョンジュだ。現在は10月31日から始まるセカンドQTを目前に控えている。

1994年2月28日生まれの彼女は現在、24歳。2012年4月の韓国女子ゴルフツアー「ロッテマート女子オープン」でプロデビューしているが、未だに優勝経験はない。現在は韓国女子ツアー2部にあたるドリームツアーでプレーしている。

実力からすれば大きな注目を集める理由は少ないかもしれないが、ユ・ヒョンジュの韓国における注目度は非常に高い。そのルックスと美ボディから韓国メディアが“ゴルフ女神”、“次世代セクシーゴルファー”といった修飾語をつけるほどだ。

(参考記事:写真30連発!! “次世代セクシーゴルファー”ユ・ヒョンジュは、アン・シネを超えられるか

そんな彼女が海を越えて日本に渡り、QTを受けている。日本女子ツアーに参戦したい理由は何か。それを直接聞いてみたくなり、彼女の故郷でもある水原(スウォン)に飛んだ。