宮脇咲良、浅田真央、イニエスタ…「悔しい」発言で韓国で誤解される有名人たち

Pocket
LINEで送る

10日29日、AKB48メンバーらも所属する日韓合同ガールズグループ「IZ*ONE」(アイズワン)がいよいよデビューした。

トラブル乗り越え、ついにデビュー!!

「IZ*ONE」は、今年6月から韓国のケーブルテレビ局Mnetで放送されたオーディション番組『PRODUCE48』からの合格者12人で結成されたグループだ。

『PRODUCE48』の放送中は、AKB48メンバーが韓国ネット民から暴言を浴びるトラブルなどもあったが、9週連続で同時間帯の視聴率1位を記録するなど大反響を呼んだ。

(参考記事:AKB48後藤萌咲、韓国ネット民から暴言を浴びて生配信中に号泣。セクハラ発言も…

日韓両国の候補者96人とのサバイバルを勝ち抜いたメンバーたちがいよいよデビューするだけに、「IZ*ONE」は韓国はもちろん日本でも関心を集めている。

ただ、その「IZ*ONE」を生んだ『PRODUCE48』では、日韓合同プロジェクトならではのトラブルも起こっていたことをご存じだろうか。

中心メンバーである宮脇咲良の日本語のコメントが韓国で誤訳され、思わぬ誤解を生んでしまったのだ。

韓国で活躍する日本の芸能人たちの「ヤバい」は?

そもそも日本語と韓国語は、翻訳しづらい言葉が多い。