韓国女子ゴルフ界の“ニューヒロイン”、パク・キョルの初優勝が感動的だったワケ

Pocket
LINEで送る

韓国女子ツアーで先週、感動の初優勝があった。主人公は、「SKネットワークス・ソウル経済レディースクラシック」を制した、デビュー4年目のパク・キョルという選手だ。

パク・キョルは2014年の仁川(インチョン)アジア大会の女子ゴルフ個人戦で金メダルを獲得すると、同年の韓国女子ツアーシード戦を1位で通過し、韓国女子ゴルフ界の“ニューヒロイン”として華々しくプロデビュー。ゴルフの実力はもちろん、「人気女優そっくり」とされるルックスで韓国ゴルフファンからの注目も高かった。

(参考記事:【写真17枚】女優顔負けとされる“大型新人”パク・キョルに初接近!?

韓国ゴルフファンだけでなく、筆者自身も、仁川アジア大会の1カ月前に軽井沢で行われた世界アマチュア女子選手権に出場した彼女を取材して以来、長らく注目してきた。

注目度は高いものの…

しかしパク・キョルはプロデビュー以来、優勝できなかった。